Sponsored Link

たもの柄の保護です!

熱収縮チューブ

いろいろな方のブログを拝見していて、かなりの方がたもの柄の保護をされていることを知りました。

確かに、磯の上で無造作に置いておくものですから、キズが付きやすいのは事実です。

そこで、私も真似して手持ちのたもの柄を保護してみました。

いろいろな方法がありましたが、たもの柄のデザインを損ねない、透明の熱収縮チューブを使用することにしました。

上の写真は、透明で直径30ミリ、長さ10メートルのものです。

ボナンザコート

まず、多少はブリスター(水ぶくれ)対策になると思われるので、たもの柄の元竿全体にボナンザコート(フッソコート)を施します。

そして、ここでコツなのですが、たもの柄の元竿の長さプラス6mm程度に熱収縮チューブをハサミでカットし、たもの柄の元竿の両端それぞれに3mm程度ずつ余らせておきます。

3回も失敗して(笑)わかりましたが、熱収縮チューブはラジアル方向だけでなく、タテ方向にも縮むので、これも考慮しておく必要があります。

そして、ガスコンロでまんべんなくたもの柄の元竿の中央部分から、空気を抜くようにして、手早くあぶっていきます。

このとき、たもの柄自体もかなり熱くなりますので、軍手の着用をオススメします。

なお、両端は特に、水で洗ったときにスキマがあると水分が入り込んで、ブリスター(水ぶくれ)の原因になりますので、ていねいに密着させましょう。

たもの柄

たもの柄

これが、透明の熱収縮チューブで保護した、たもの柄です。

手間はかかりますが、これでほとんどたもの柄にキズが入ることはなくなりそうです。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール01 プロフィール02

会社勤めのかたわら、ふかせ釣り
と船釣りとサバイバルを楽しんで
います。
仕事も趣味も充実するための
ノウハウを、日々研究中です。


上のバナーを貼っていただける場合は、下記をお使いください。

選択してから「Ctrl」+「c」でコピーできます。

お天気ニュース

タイドグラフ~長崎県松ヶ枝~

タイドグラフ~長崎県大村湾~

Sponsored Link

このページの先頭へ