Sponsored Link

福島!茨城!宮城!の人は必見 「放射能から身を守る方法」

災害時の群集

3月11日(金)に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

なお、原発の事故により放射能汚染されるのは時間の問題になってきましたので、被害を最小限に抑える方法をお伝えします。

同じ内容を、柘植 久慶氏の著書「21世紀 サバイバル・バイブル」でも見たことがありますので、信用度は高いと考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

原発被害についておそらく日本一研究している古長谷稔さんの著書「放射能で首都圏消滅」より引用です。

メディアの報道を信用しないで、この情報を信じて行動してください。

今の報道を聞く限り、住民の避難や準備のペースに合わせて報道している気がします。

(パニックにならないようにするため)

★ 放射能から身を守る方法

1.呼吸の仕方が分かれ道

外部被ばくに比べて、内部被ばくが圧倒的に危険です。

そのため、放射能を吸い込まないように、高性能フィルター防塵マスクをつけてください。

汚染された水や食べ物を食べないように気を付けてください。

傷口からも放射能が入るので、バンドエイドやテープで防いでください。

ゴーグルやレインコートがあれば、目や肌も覆ってください。

2.家には1週間閉じこもるように

まず、水が一番大切です。家じゅうの容器に水をくんでおいてください。

ペットボトルの水も大量に用意すべきです。

次に、米、麺類です。

これらはかさばらず日持ちします。

3.閉じこもる時の注意点

とにかく外気が入るのを防ぐようにしてください。

換気扇は消しても隙間があいているので、シートとテープでしっかり隙間を防ぐべきです。

窓のサッシの隙間もテープとシートで防いでください。

4.雨が降ったら絶対にふれてはいけません

放射能を含む雨はもっとも危険です。

事件後、少なくとも10日間は雨にふれてはいけません。

では、一刻も早く準備してください。

1人でも多くの方の命が助かることを祈ります。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール01 プロフィール02

会社勤めのかたわら、ふかせ釣り
と船釣りとサバイバルを楽しんで
います。
仕事も趣味も充実するための
ノウハウを、日々研究中です。


上のバナーを貼っていただける場合は、下記をお使いください。

選択してから「Ctrl」+「c」でコピーできます。

お天気ニュース

タイドグラフ~長崎県松ヶ枝~

タイドグラフ~長崎県大村湾~

Sponsored Link

このページの先頭へ